JKとの援交相場

JK援交3つの募集形態〜援交相場は闇業者介入の有無で決まる。

女子高生

出会い系で援助交際をしているJK(女子高生)達はどのような場所で男性と出会っているのか?どのような条件で行われているのか?なぜ、よく警察に検挙される淫行教師達等はどのようなミスを犯して捕まるのか?

 

それが非常に気になったので、実際にJKと出会うつもりで出会い系を色々調査してまとめてみました。

 

女子高生との援助交際は法律に違反する行為です。
絶対に行ってはいけない行為なのでご注意ください。

 

JKとの援交相場は闇業者が介入しているかどうかで決まるのだと判明。

表には出ていないJKとの本番相場は30000円〜50000円前後が多いようです。

 

また、業者を介入せずに個人で援助交際している女子高生は相手次第!交渉次第と言えます。

 

出会い系サイトを通じてのJK援交は厳しく規制されています。その為、JK援交は表立っては行われてはいません。

 

この記事では出会い系における!直近の女子高生の援交相場と、知らずに未成年のJKとエッチしてしまった場合に身を守る為の事前の対処法を詳しくお伝えしております。

 

2013年頃までは、年齢認証をおこなっていない出会い系アプリや、ラインのID掲示板を通じてJKとの援交が行われていました。しかし、サイバー警察によるサイバー補導や出会い系運営者による通報の義務化によって、ネット上でJK援交を募集している掲示板は減少しています。

 

だが、規制されればされるほどに、援交希望のJKや、18才未満の児童を斡旋する闇デリと言われる業者は、より手口が巧妙になっているのが現状です。

 

出会い系サイトの闇市場を調査した結果!JK援交が3つの形態が存在します。

 

  1. JKが行う個人援交
  2. 年齢を偽っている女子高生
  3. JKを斡旋する闇デリからの派遣

 

それぞれの立場によってJKの援交相場は変わります。

 

@JKが行う個人援交の相場

スマホ_個人援交
主に、年齢認証が実施されていない掲示板で個人援交をしているJK。個人援交をしているJKの相場は、プチ援が一万前後。本番込みで1万円〜3万円前後。お小遣い稼ぎ目的で援交している女子高生の場合、JKの気分次第や事情によって援交条件が異なります。

 

また、JKというブランド価値を理解している援交に慣れている女子高生は、業者と同様に30000以上を提示してくる強かな女子もいます。

 

本番 1〜3万円
プチ援(フェラ・手コキ等) 1万円前後

 

彼女たちにプロ意識や援交ノウハウなどないので補導や摘発されている事例なども多い。

 

2017年現在は、サイバーポリスによるサイバー補導や通報制度によって活動場所が失われつつある。しかしながら、堂々とJKだとアピールして出会い系アプリで4万〜5万円前後で募集している無謀なJKも見かける。

 

JKが使う無料系のツールの一覧

女子高校生(JK)が実際に利用する年齢確認のない掲示板サイトは以下のようなものがあります。基本マイナーな掲示板サイトではなく、パッと思いつくような分かりやすい掲示板で行われています。

 

  • Twitter
  • ライン掲示板
  • 無料出会いアプリ

 

Twitter

Twitterが援交掲示板として利用されているのは知っている人も多いかも知れませんが、Twitterは女子高生(JK)に限らず、本気度が低いユーザーが集まっているため、JK以外のアマギフ詐欺や誘導詐欺が多いです。

 

Twitter援交_JK

 

また、本当にウシジマくんの世界のようですが、Twitterで美人局をする人もいますので注意してください。

 

Twitter援交_JK

 

Twitterで女子高生(JK)を見付ける場合は、多くのハズレをよけて、多くのライバルの男性に勝つことが必要になります。さらに相場よりも高い金額でも買う男性がいるため、普通よりも割高になります。支援する金額と他の男性に負けないくらいTwitterを張り込みをすれば、10〜20人に1人くらい一般JKを探し出す事が出来るかも知れません。

 

ライン掲示板

ライン掲示板でJKと言っている人は、誘導詐欺が多いです。

 

普通に女性にラインを送ったと思ったら、唐突に別のURLに誘導してきて高額な料金のコミュニティサイトの利用を促されます。そうじゃなくてもJKと名乗っている人は少なく男性が多いという状態ですので、Twitterと同じように消耗戦になりやすいです。

 

無料の出会いアプリ

無料の出会いアプリで女子高生(JK)が援交をしているのは、あまり見かけません。有名なアプリは

 

  • ぎゃるる
  • 暇トーク

 

等です。これらのアプリは年齢認証がありません。数ある出会えないアプリと比べると出会える方だとは思いますが、女子高生はあまり援交には使って無いようです。本気度も低い人が多く、インストールして放置している人が多いです。広告も頻繁に表示され、利便性も低く使いづらい為、女性としては同じ無料で利用できる出会い系サイトに流れているのだと思います。

 

A年齢を偽って援交を誘うJKの募集相場

女子高生の年齢詐欺
個人援交の延長で、大手出会い系サイトなどで、16才なのに21才だと偽って援交募集しているJKのことを指します。年齢を偽っているJKの援交相場は、一般女性と同じ2万円前後。普通の女性に入り混じって援交募集していますが、どうみても18才未満にしか見えないPRの画像を添付している女性はJKの疑いがあるので注意が必要です。

 

本番 2万円前後
プチ援(フェラ・手コキ) 1万円前後

 

女子高生(JK)が年齢を誤魔化して登録しているサイトは、JKが買う雑誌に広告を出しているような、業界で数少ない大手サイトです。小さな弱小サイトはいないでしょう。

 

JK_スマホ_笑う
↑若年層向け女性ファッション誌の1ページ

 

ちなみに出会い系サイトを利用するために、女子高生(JK)は年齢を誤魔化している事例も多いです。親の身分証を拝借したり、「免許証」と画像検索しても簡単に、それらしい画像を手に入れる事が出来てしまします。繰り返しになりますが、18才未満の児童および女子高生との援助交際は重い罰則のある犯罪に繋がりますので絶対にしないでください。

 

過去の出会い系でのJK援交は無法地帯だった

ちなみにですが、1990〜2000年代に大流行した出会い系サイトの「スタービーチ」は年齢確認が無かったので、無法地帯と化していました。出会い系サイトで女子高校生(JK)が一番多く利用していた時代だと思います。

 

No: 7通行人7(♀匿名)更新時刻13/03/17 16:29
やってたなぁ?
お金欲しかったから‥‥
15?28才までやってたけど、もういくら何でもムリだ。

 

No: 13匿名13(32♀匿名)更新時刻13/03/18 09:15
私はしてないけど、女子高生プーム世代で周りは確かに援交してた人結構いました。

 

No: 32名無し32(♀匿名)15/05/04 05:29
今は40代の普通の主婦をしているけれど、中学から大学まで、たまにお金で体を売っていました。

 

掲示板ミクル 売春や援交

 

家出して神待ち(お金や家に泊めてくれる男性=神)をしている人も多かったです。これのおかげで出会い系サイト=女子高生が援助交際する危険なサイトというイメージが定着しました。

 

この時に「一人じゃ怖い…」という女子高生(JK)もいて、闇デリが発展していきました。裏の隠語で「アンダー」と18才未満の女性を指す言葉も使われていました。

 

BJKを斡旋する闇デリからの派遣

横断歩道
闇デリからのJK援交の相場は3万〜4万前後です。大手出会い系サイトで女性を装って募集している業者のことを援デリと言います。出会い系サイト内で行っている本番アリのデリバリー業者。援デリの中でも女子高生や女子中学生(アンダー)を派遣する業者のことを闇デリと言います。

 

本番 3〜4万
プチ援(フェラ・手コキ) ほぼ募集してない

 

闇デリは、メールで交渉している時に男性の反応を見て交渉をしてきます。買春希望の男性に対して、「私の後輩で年は16JKなんですが、3万でどうですか?」などと交渉を持ちかけてくる営業戦術を使います。

 

こうした出会い系サイトの闇デリは提示金額が高く、コピペ文でメールをしている事が多いので、怪しいと思ったら引いた方が良いでしょう。

 

特に大手にいる18歳の女性ユーザーや年齢確認をしてないアカウント。あれらは非常に怪しいです。

 

18才未満とは知らずに援交してしまった場合の事例

失意の男性

  1. JKが行う個人援交
  2. 年齢を偽っているJK
  3. JKを斡旋する闇デリからの派遣

上記に挙げた事例の通り、出会い系を利用している男性が知らずに18才未満のJKと出会い!性行為に及んでしまうケースも少なくありません。
特に最近の女子高校生の身体の発育は欧米化しているので、見た目ではわからない場合が多々あります。だから、18才未満とは知らずにエッチしてしまったなんていう男性も多いと推察できます。

 

しかし、知らなかったからと言って必ずしも処罰を受けるわけではありません。
知らなかったで済まされる援交は年齢を偽っているJKとの援交です。

 

援交相手を18歳以上の成人女性だと確信していたのであれば、故意がないので、処罰されることはありません。

 

仮に闇デリ等の斡旋業者の摘発、援助交際している女子高生が補導されて、スマホの履歴を調べられて関係のあった男性を事情聴取で呼ばれたとします。その時に、18才以上だという年齢確認をしているメールの証拠があったり、身分証明書の提示を求めている事実を証明できれば処罰を受けることはありません。この場合は、逮捕ではなく起訴されすに被疑者としての立場になるからです。

 

児童売春をしてしまった場合の弁護士への相談事例を参考

 

ゆえに年齢認証を実施している出会い系サイトを使うことが必須なのです。万一、援デリや年齢詐称をしているJKと性行為をしたとしても年齢認証を実施していれば客観的な事実を証明することができるからです。出会い系を利用している男性は忘れずにこのことを覚えておいてください。

 

意図的に女子高生(JK)と援交して捕まった男性は事例は絶えることがありません。18才未満の児童および女子高生(JK)との援助交際は犯罪ですので絶対にしないでください。

 

確実に会える援交掲示板