援交は犯罪なのか?

援交の出会いは犯罪になるの?

結論を言いますと、18才以上の男女の援交でも売春防止法違反に抵触します。しかし、絶対に罰せられることがない。罰せられないのがが日本の援交の事実です。なぜなら、18才以上の男女が交わす自由恋愛の出会いに警察は介入することができないからです。

 

金銭を対価にして、女性を抱くのは、何も援交だけとは限りません。女性にプレゼントを渡したり、女性にご飯をご馳走したりするのは、普通のカップルでも日常的的に行っていることですよね?

 

援交を罰すると言うことは、男性の経済力に依存している関係性を指摘することと類似します。警察が、いちいちそのようなことをするわけもないし、それを調査する人員も暇もあるわけがありません。

 

出会い系サイトで、金銭と身体を対価にする援交は、厳密に言えば売春防止法に抵触する程度です。売春防止法とは、国に許可をもらっていない事業者が、公的な場所で売春を持ちかけることを禁止している法律です。公的な場所とは、路上や公園など、不特定多数の人の目に触れる場所です。その中には出会い系サイトの掲示板も含まれております。大勢の人の目に触れる場所だからです。

 

だから、大手の出会い系サイトでも、掲示板で援交相手を募集することは禁止しております。例えば、掲示板で「1万円で私とセックスをしませんか?連絡待ってます」と書き込むことは売春防止法違反になります。

 

しかし、掲示板で「今日これから○○で会える人。詳しいことはメールで打ち合わせしましょう。連絡待っています」と書き込むことが売春防止法には違反しません。援交を示唆している内容でも、多様な解釈ができるからです。現在、出会い系サイトの掲示板では、このような書き込みをして援交相手を探しているのがメインとなっています。

 

出会いを仲介するまでが出会い系サイトの運営者の責任範囲です。お互いにメールで交渉する段階になれば、サイト運営者は介入することはできません。あとは当人同士の自由交際です。その自由交際の範囲の中で援交が行われているのが、日本の実情でもあります。

 

犯罪になる援交とは?

犯罪が適用されて厳しく罰せられる援交があります。それは、18才未満の児童と援交することです。児童売春が発覚すると厳しい処罰を受けることになります。もしも、児童と卑猥な行為。みだらな行為をしたならば社会的な制裁が下ることに例外はありません。

 

出会い系サイト規制法によれば、18才未満の児童と接触することも禁じられております。つまりは、外で約束して出会うことも禁じらていると言うことです。だから、18才未満の男女が利用できないように、すべての出会い系サイト事業者は年齢確認を利用者に求めることを義務付けしております。

 

万一、年齢を偽証した18才未満の児童と出会うことになっても、年齢確認を実施しているサイトを利用していれば、意図的に児童と出会おうとしているわけではないと立証することができます。だから、援交掲示板を利用する際は、必ず年齢確認をしている出会い系サイトを利用することです。

 

 

確実に会える援交掲示板